シングルマザーの増加

シングルマザーが増えている。
理由は様々だろうが嫌な男と一緒にいるより一人のほうがいいという
選択をする女性が増えたということか。
背景には女性が社会進出して経済的にも自立できやすい環境にあるという側面もあるだろう。
離婚したけど仕事がないでは食っては行けないからね。
それと行政の支援体制も見逃せないでしょう。

児童扶養手当、医療費の免除、生活保護など様々な支援策がある。
こういった背景があって離婚も成立しやすくなっていると思う。
日本は少子化でこのまま行くと中国に乗っ取られる可能性も否定出来ない。
どんどん人口を増やしていかないと属国になってしまうから子育て支援は賛成で
ある。

公共事業費を削減してでも子供福祉の予算は削ってはいけない。
老人の医療費の削減は賛成だが乳幼児のお金はどんどん増やすべきであろう。

まさに子供は日本国の宝です。
シングルマザー支援は今後も続くだろうし拡大させてもらいたい。
そうすれば万が一離婚になっても日本は子供を見捨てないということが周知されて
子作りに励む家庭も増えるのではないかと思っている。
子供をたくさん作って離婚したら国は何もしてくれないでは、子供をつくろうという
気にはならないと思う。