熊本地震と客船避難

熊本震災は予想以上のひどさだ。
まさかここまで余震が続くとは思わなかった。
前震、本震なんていう言葉は初めて聞いた。
一体学者は何を勉強しているのか。
予知、予測はできないと公言しているのだから税金の無駄ではないか。
やはり既得権益で予算を減らすことはできないのだろう。
こうなったら地震があることを前提に役所の予算を減らして大型客船をたくさん
作ったほうがいいのではないか。
そんなに費用が掛かるとは思えない。
一体年間どのくらい地震予知にお金を使っているのか?

こういった議論が出てきてもいいのではないか。
予測できないのなら何のために予知にお金をつぎ込むのか。
避難所で一週間生活をするなんて馬鹿げている。
私には絶対に無理だ。

プライバシーがなく硬い床のうえで一週間は地獄だろう。
こういったときにはすぐに客船を派遣してゆっくり生活ができるスペースを提供
したらいいと思う。
無駄な役人を1000人カッとすれば十分予算はでるのではないか。
既得権益を打破して新しい予算づくりをしないと避難民はどんどん死んでいくだけだ。
特に年寄りにはきついと思う。
震災関連死が1000人超えたら政府の責任だね。