介護士不足と解決策

高齢化社会を支えるのは医療関係者だ。
医者はいい給与をもらっているから除外して、介護士さんあたりは
かなり低給与で格差社会が存在していると思う。

私の父親も老人ホームでヘルパーさんに世話になっているが
献身的な介護をしてくれて助かっています。
しかしベットからの移動など腰の負担が大きいので結構な重労働という
印象はあります。 毎日何度もベット・入浴介助をしていたら腰をやられて
しまいそうで心配だ。

ロボットの導入、新型ベットなどいかに腰への負担を少なくするかを考えないと
せっかく入職した職員もやめることになってしまいます。

あとは国なり行政が積極的に賃金補助支援をしていかないとダメだね。
民間に任せていたらいつまでも低賃金のままだ。
ここは強権発動で時給2割アップぐらいの英断を下さないと
抜本的な解決にはならないと思う。

介護士の求人はこちら