最近の事件、家族崩壊、ひきこもり

殺人事件が多いね。
昔はこんなにあったのかな、不思議だ。
銃社会のアメリカならわかるが日本では刃物を使うケースが多く、かなり抵抗があるのではないか、刃物を使うということに対して。

ピストルなら引き金を引くだけですから簡単、これならいくらでも犯罪は増えるでしょう。
しかしナイフの場合は相当な覚悟がないと使用できない気がするが・・
血を浴びる、刺すのは初めてで手加減が分からない、よく一般人がつかえるものだ。
テレビドラマの影響があるのか、全く理解できない。

息子が親を殺すケースが増えている気がする。
引き込もりで親と喧嘩するのだろう。

これは理解できる。
1日狭い家で顔を突き合わせていたらどこかで衝突する。
親は早く働け、子供は抵抗する、これなら殺人事件に発展しても無理はない。
1日一緒にいるとトラブルになるケースはいくらでもあある。
定年後の夫が毎日家にいるようになって、口げんかが絶えない夫婦。
ひきこもりの高校生の子どもと毎日言い合う親子。
嫁と姑問題、これは100年前から存在する。

仕事があって夫婦一緒ならいいが、年金受給者で毎日顔を合わせていたら
うまくいくはずがない。

妻の不貞行為と修羅場の実話

私の友人の話です。
奥さんが近所のコンビニにパートに出だした。
理由は子供の学費稼ぎです。私立にやるとなるとべラボーな金額が
かかります。当然中小企業の友人の稼ぎだけでは無理なので夫婦助けあって
なんとか貯金しようというスタートは良かったのですが・・

しばらくすると奥さんと学生のバイト君ができてしまったそうです。
田舎出身の学生の食生活を心配して彼のアパートに食事の用意を
するうちに出来てしまったそうです。

彼は激怒、私も愚痴にずいぶん付き合わされました。
しかし彼女も本気ではなくようは欲求不満だったんでしょうね。
やりたい盛りの若者のセックスにおぼれてしまったそうです。
友人は40代ですからほとんど家庭内セックスはなかったそうです。
これは彼が悪いと指摘したんですが、仕事で疲れてとてもその気には
なれなかったと弁明してました。

家の中は戦場で一ヶ月間は全く口もきかなかったそうです。
しかし時の経過で彼も奥さんを許すようになり、今ではすっかりもとに
戻っています。

実は彼には若い時に浮気の前科があったので、それを蒸し返され
奥さんを攻撃するのをやめたみたいです。
お互い様ということなんでしょうね。
パトカーも何度か出動したみたいですから、かなりのバトルだったみたいです。
まあ怪我人が出なくて良かったと思いますが。