一括査定の便利さ

ネットの時代は本当にありがたい。
私はもともと無趣味で引退したら何をして時間を潰すか考えていたのだが
ネット社会到来で一変、死ぬまでネットの世話になるつもりだ。

また動画をみたりして本当に暇人には有難い武器である。
昔は単純に好きな歌を聞くぐらいでしたが、最近は投稿ジャンルも増加し
大人でも楽しめるコンテンツが豊富です。

例えば政治評論家、経済評論家のユーチューブを見ると勉強になるね。
過去の分もストックされているので経済予測などどの評論家が当たるとか
わかって面白い。

個人的には三橋貴明、青山繁晴、勝谷信彦?あたりがすきなコメンテイターである。
あと肝心な人を忘れていた、橋下市長である。
彼のアップ数も多く聞いていて参考になる
従軍慰安婦・日の丸・君が代斉唱

など本で読むと頭が痛くなるが彼の話は理論的なので私には理解しやすい。

すべてタダで情報が入手できるし繰り返し見れるところが気に入っている。

一括査定もマンション、引っ越し、自動車すべて利用したが無料というのが
一番いい、気に入った業者がいなければ断れるので気軽に利用してみたらいい。

車の一括査定はこちら

美空ひばりのみだれ髪

春は二重に巻いた帯
三重に巻いても余る秋

という素晴らしい歌詞があります。今まで深く考える事はなかったが
坊主の説法でたまたまきいて、奥の深さを知りました。
ようは失恋のくだりなんですね、痩せたということです。

春には普通に巻いていた帯が秋には痩せて三重に巻いても余るように
なったという歌詞です。
こういうのは人の説明を聞かないと、わからないですね。
どうしてもなんよなく聞いてる歌が多いので真剣に歌詞を考えたことがない。

これからは演歌は特にじっくりと歌詞の内容を考えて聴いてみたい。
それにしても痩せたという表現ならたった三文字ですむのに
わざわざ帯を出して表現するところが流石プロですね。

いい仕事しているということですか。

行間を読むとか日本人の奥深さは研究するに値すると思う。
老後の趣味も金をかければなんでもできるが、こういった分野で
余生を送るのも悪くはない。

直裁的な表現ではなく言葉の奥、行間に本音・いいたいことを表す
文化は素晴らしい。